先輩社員紹介

true

著作権・契約部

入社1年目

出身:明治大学  情報コミュニケーション学部・情報コミュニケーション学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    レコード会社のため、著作権法や契約と向き合う仕事

    著作権法に基づくのですが、「レコード製作者」に当たるレコード会社には放送と有線放送における市販音源の使用について使用料を請求できる権利があります。その権利に関し当協会が文化庁長官の指定団体として権利管理業務を行うにあたって、私は一部の放送事業者との契約に携わっています。また、音楽や映画などの配信コンテンツを正規に提供しているサイトに付されるマークである「エルマーク」の運用を行っています。具体的には、発行や掲載依頼への対応、商標権と意匠権の管理に関わっています。
    著作権法や音楽ビジネス、契約に関する知識が求められる仕事が中心です。もちろん必要なサポートは受けられます。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    複雑きわまりない音楽ビジネスの仕組みが解るようになり、サポートできる

    著作権法改正が与える音楽業界への影響を会員社の方々に伝えるプレゼンを終えた時には達成感がありました。身につけた専門性でレコード会社をサポートできたように感じ、冥利に尽きたのだと思います。それは「文化審議会著作権分科会」という文化庁が主催する会議の概要を報告するプレゼンに当たるのですが、入社後ほどなくして同会議に出席した際は内容の難しさにノックアウト寸前で、書いた傍聴メモは惨憺たるものでした。それでも日々の業務や「音楽著作権管理者養成講座」の受講を経て、自分の言葉で審議内容を整理できるまでに著作権まわりの最新の動向に関する理解は進みました。知的好奇心をくすぐるという面でも、円滑に業務を進め会員社に役立てるという面でも、著作権法や音楽ビジネスが立体的に見えるようになることはうれしいです。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    一般社団法人ならではの音楽ビジネスとの関わり

    音楽が好きでかつ、これからの生活ではやらなくてはいけないこととやりたいことを一致させるのが理想と考えていたので、音楽業界にアンテナを張ることが吉と出る本協会の業務に興味を持ちました。また、一般社団法人という営利を目的としない組織であることは、風土や労働条件の面で魅力的でした。働いて1年が経ちますが、大学時代に趣味半ばで学んでいった音楽聴取の実態や文化の保護に関する知識が目前の業務で役立つ時はうれしいですし、音楽文化の発展に寄与する事業であることはモチベーションにつながります。

これまでのキャリア著作権・契約部(1年目・現職)

先輩からの就職活動アドバイス!

何が好きで何が嫌いか、何が得意か、どんな職場なら通えるか、どんな業務なら一生懸命になれるか、就職活動を進めるにあたりとことん言語化した記憶があります。ノウハウ本が出回っていて、大人から様々なアドバイスを貰えますが、覚える違和感を大事にして、それぞれのやり方で考えればいいと思います。腑に落ちる答えと選択の先に職場があるなあと思います。振り返ると就職活動を通して諸々の答え合わせをしました。きっとだいじょうぶです。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 音楽市場に関する統計調査や多くの売上枚数を記録した作品への認定業務など

    true

    企画・広報部 企画グループ

    入社1年目
    慶應義塾大学  総合政策学部 総合政策学科 卒
連絡先:
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館9階
TEL 03-5575-1302
管理部 人事・総務グループ