先輩社員紹介

true

企画・広報部 企画グループ

入社1年目

出身:慶應義塾大学  総合政策学部 総合政策学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    音楽市場に関する統計調査や多くの売上枚数を記録した作品への認定業務など

    レコード産業の統計を定期的に収集し調査しており、毎月生産実績や音楽配信売上実績などを取りまとめ、レコード製作者への共有や情報発信を行っています。音楽市場の現状把握を行うことが目的で、音楽を楽しむ方法が多様化している今、ユーザーの動向を知る為に必要な情報なので慎重に業務を行っています。
    もう1つは音楽産業の発展と活性化に貢献のあった作品への認定です。正味出荷枚数や音楽配信での再生回数という客観的なデータに基づき認定しており、毎月情報発信を行っています。現在流行っている音楽はもちろん、過去の作品が大きな数字を記録することもあり、アーティストやユーザーに喜んで頂けることもあります。
    また同部署の業務に幅広く関わる機会があり、協会内外問わず様々な人とコミュニケーションをとりながら業務を行っています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    音楽に対する世の中の反応を様々な角度から知ることができる

    世の中のヒットが統計に反映され読み取れた時や、データの中からヒットを発見できた時、サブ担当として関わった日本ゴールドディスク大賞を公表した際にSNSや様々なメディアで取り上げて頂いた時など、この仕事に就いていなければ経験できなかったであろう喜びや面白さを何度も感じてきましたが、これらに共通していることは「音楽に対するユーザーの動向や反応を知ることができた」ということです。自分が多くの影響を受けてきた音楽が、現在世の中ではどのように聴かれ、扱われているのかを自分の担当する仕事を通して様々な角度からリアルタイムに知ることができ、常に刺激を受けています。また新人育成施策や需要喚起施策の実施に参加した際は、よりユーザーの近くで反応を感じられ、更に多くの人に音楽を聴いて頂く為に頑張ろうと奮い立ちました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    音楽業界に幅広く関わり、その発展に寄与できるところがとても魅力的だった

    私は幼い頃から音楽をはじめとした様々なエンターテインメントに触れてきたことや、大学生の時に行った海外での音楽指導ボランティアの経験により、「多くの笑顔を生み出すことに関わる仕事がしたい」と考えていました。就職活動でも、説明会などを通して様々な業種の話を伺い、エンターテインメントに関わる企業を研究しましたが、自分がどのような形で社会に関わるのかを考えた時に「やはり音楽を通して社会に貢献したい」と思い、日本レコード協会にエントリーしました。
    特に魅力を感じたのは、音楽業界に幅広く関わり、その発展に寄与できるところです。ユーザーだけでなく、音楽を生み出すアーティストや製作者の笑顔や喜びに繋がる仕事ができるのは、本当に貴重なことだと思っています。これからも音楽産業の発展に役立てるよう尽力したいです。

これまでのキャリア企画・広報部 企画グループ(1年目・現職)

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の人生を振り返り、これから自分が何をしたいかをじっくり考える貴重なタイミングです。「つらい」「面白い」「よくわからない」と、就職活動は人によって感じることが異なると思います。活動の進め方も頑張り方も、自分に合った方法を見つけて、最終的に自分のやりたいことに少しでも近付けるように頑張ってください!そして社会人になる前に色々なことを経験し、視野を広げてみてください。そこから悩みぬいて道を選んだ方が、納得できると思います。応援しています!

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • レコード会社のため、著作権法や契約と向き合う仕事

    true

    著作権・契約部

    入社1年目
    明治大学  情報コミュニケーション学部・情報コミュニケーション学科 卒
連絡先:
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館9階
TEL 03-5575-1302
管理部 人事・総務グループ